2月 1, 2022

アティフ-アスラム

アティフ-アスラム(ウルドゥー語:عاطف اسلم)はパキスタンのミュージシャンである。 彼はパキスタンのグジュランワラ州ワジラバードで生まれ、ラホールとラワルピンディで教育を受けた。

AtifはPAF College Lahoreの高校に通い、そこでクリケットをプレイし、音楽に興味を持つようになった。 彼はPICS(Punjab Institute of Computer Science)に出席し、コンピュータサイエンス(BCs)の学士号を取得しました。 PICS Lahoreで、彼はギタリストで才能のある若い作曲家(彼自身のような)、Gohar Mumtazに会った。 二人は友人になり、一緒に妨害を始めた。 これは彼らの大学や様々なレストランでの公演につながり、最終的に彼らが正式に”Jal”という名前を付けた微妙に結成されたバンドの名前を見つけることにつながった(どのミュージシャンが”Jal”という名前を本当に担当していたかの問題はまだ議論されている)。

一緒に作業し、ペアは歌Aadatを録音しました(Salman Albertの助けを借りて、他の確立され、熟練したパキスタンのミュージシャンの中で)。 それはプロモーションパキスタンの音楽サイトのホスト上で人気となった。 この曲は、FM100やFM105などのパキスタンのラジオ局でも演奏されました。 Aadatのミュージックビデオは、ある日カラチの倉庫で撮影されました。 この曲をベースに、”Jal”はパキスタンツアーを開始しました。 しかし、ツアー中に個人的な問題が口頭でバストアップにつながり、その結果、Atifはソロのキャリアを開始しました。

Atif Aslamは、Jalを離れた後、新しいソロアルバム”Jal Pari”(皮肉にも”Mermaid”を意味する)をリリースし、大ヒットしました。 Woh Lamhey、Dil Haareyなどの曲は、パキスタンのラジオ局と音楽チャンネルの両方でスマッシュヒットしました。 Jal、「Aadat」、およびAtifのアルバム、Jalpariの両方が特定のトラック(「Aadat」、「Bheegi Yaadein/Wo Lamhey」、「Ankhon se」など)を共有していたため、権利をめぐる非公式の戦争が始まり、双方はそれぞれの主張を支持するための堅い証拠を持っていると主張した(彼らは関係する曲を単独で所有していた)。 この確執がAtifと新しいJalの両方に与えた誇大宣伝は並外れていて、それぞれのファンがそれぞれの好きなものを支持して音楽国家を分割しました。

歌詞のドラマ&作曲の所有権がパキスタンで始まっている間、ボリウッドの監督マヘッシュ-バットがアティフ-アスラムに新しい映画”Zeher”(2005)のサウンドトラックに”Woh Lamhey”を含めることへの同意を求めるよう呼びかけたとき、アティフ-アスラムのソウルフルな声がインドに国境を越えた。 この曲(特にリミックスバージョン)は&の大ヒットとなり、6-8ヶ月の間、インド全土のほぼすべての主要FM局でairplayを支配した。 映画の中でAtifによるスロー再生曲のこのパターンは、ラジオairplayのためにリリースされたリミックスバージョンによって補完され、インド市場でAtifの曲の標準的な手順になることになっていた。

Atifは成長を続けており、そのような若い年齢で大きな需要を持つボリウッドの再生歌手になっており、彼の名前にはOstがほとんどありません。 彼は映画Kalyugのために”Juda Hokey Bhi”と題された曲を録音しました。 “Wo Lamhey/Bheegi Yaadein”と同様に、スローバージョンが映画のテーマとなり、公式サウンドトラックの一部となり、リミックス版がリリースされ、世界中のラジオ局やデジクラブにヒットした。

Kalyugのために録音した後、ハリウッドのパキスタン人監督がAtifに連絡し、非常に短い時間で、Atifは同じ監督のハリウッド映画”Man Push Cart”のために三つの曲を録音し、映画自体に小さなカメオの役割を与えられた。

突然、比較的静かな夏の後、Atifはボリウッド映画{Bas Ek Pal}のための新しいトラック”Tere Bin”(翻訳:)で亜大陸に再登場しました。 しかし、再び、この曲はリミックスされ、予想通り、それは非常に短い時間で人気を博しました。 もう一度、Atifの声は亜大陸全体のラジオ局の電波を電化しています。

ゴハール(Jal)との著作権戦争とメディア戦争の間に、ボリウッドの曲を録音し、Atifは世界をツアーし、彼の新しいアルバムに取り組んでいた。

Atifはアジア、ヨーロッパ&パキスタン、インド、UAE、英国、カナダ&アメリカを含む米州諸国を訪問し、世界中の”pardesi”(亜大陸の駐在員)にサウンドを持ち込んだ。 Atifの新しいアルバムは”Hangami Halaat”と題されており、2007年の夏にリリースされる予定です。

彼は最近、映画”Ajab prem ki ghazab kahani”のために二つの曲を歌っています。どちらの曲もインドと世界中で大ヒットしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。