12月 27, 2021

新しい研究で喘息にリンクされている競争力のある水泳

asthma“水生分野における喘息の有病率と特性”と題された新しい研究は、競争力のあるスイマーの約25%が喘息を持っており、この問題は他のものと比較して世界のいくつかの地域でより頻繁に発生するか、または関与する水泳の種類に基づいていることを示している。 この問題は、水泳者が経験する塩素への広範な暴露にある可能性があります。 例えば、水中で多くの時間を費やさないダイバーは、喘息の発生率が高いようには見えませんでした。 この研究は、Journal Of Allergy and Clinical Immunologyに掲載されています。

カナダのオンタリオ州にあるMcMaster University Waterloo campusのMargo Mountjoy博士と共同研究者が最近の研究を行った。 Mountjoyは水泳の練習のスポーツの医者、および国際オリンピック委員会および世界のアンチ-ドーピング連合のための治療上の使用免除委員会のメンバーである。

研究者は、2005年、2007年、2009年のFINA世界選手権、2004年、2008年のオリンピックに参加したすべての水選手の喘息を研究しました。 研究者が研究したイベントには、水泳、シンクロナイズドスイミング、ダイビング、水球、オープンウォータースイミングイベントが含まれていました。

吸入薬は通常禁止されているため、喘息のある選手は呼吸に問題があるという臨床的証拠を提示しなければなりませんでした。

全体として、競争力のある水泳選手であった人々は、喘息を持つ水泳選手の12と25%の合計で、他の水生イベントよりも喘息の発生率が高かったことを示 しかし、2008年のオリンピックでは、シンクロナイズドオープンウォータースイマーも喘息の発生率が高かったため、例外があった。 2008年には、水泳選手の25%、オープンウォータースイマーの26%、シンクロナイズドスイマーの22%が喘息を患っていました。

Mountjoyは、「水泳選手が喘息の有病率が高いことに驚いていませんでした。 私にとって驚くべきことは、持久力と非持久力のスポーツの間に大きな違いがあり、異なる地理的分布があったということでした。”

オセアニア、ヨーロッパ、北米からの選手の数がアジア、アフリカ、南米に比べて多かった。 喘息には通常性差がありますが、この違いは研究では観察されませんでした。

マウントジョイは、”喘息は一般集団の男性よりも女性でより一般的であるが、この性差はエリート水生集団では明らかではなかったことを見つ”

リード著者Mountjoyは、長期的な研究が必要であり、水泳に自己選択した喘息の選手と持久力トレーニング実践への暴露の結果として喘息を持っている人との間の違いを見分けることが有用であると感じている。”

海洋イベントで泳ぐ人々は上昇した喘息率を持っていないので、塩素曝露は、この研究で検討した競争力のある水泳選手の状態の高い率を占めてい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。