9月 21, 2021

結節性硬化症における網膜星状細胞性過誤腫Mishra C,Kannan NB,Ramasamy K,Balasubramanian DA

目次
レンズを通して
年:2019|巻:10|号:6|ページ : 753-754

結節性硬化症における網膜星状細胞性過誤腫
Chitaranjan Mishra,Naresh Babu Kannan,Kim Ramasamy,Dhipak Arthur Balasubramanian
Aravind Eye Hospital,Madurai,Tamil Nadu,India

ウェブ公開日 1-Nov-2019

対応アドレス:
Chitaranjan Mishra
Department of Vitreo-Retina,Aravind Eye Hospital,Anna Nagar,Madurai-625 020,Tamil Nadu
India
ログインして電子メールidにアクセスする

支援元:なし、利益相反:なし

クロスリファレンス引用 チェック

ドイ:10.4103/idoj.IDOJ_23_19

権利と許可

この記事を引用する方法:
Mishra C、Kannan NB、Ramasamy K、Balasubramanian DA。 結節性硬化症における網膜星球性過誤腫。 インドのDermatolオンラインJ2019;10:753-4

このURLを引用する方法:
Mishra C、Kannan NB、Ramasamy K、Balasubramanian DA。 結節性硬化症における網膜星球性過誤腫。 インドDermatolオンラインJ2019;10:753-4. から入手可能: https://www.idoj.in/text.asp?2019/10/6/753/270203

Sir、
彼の鼻と頬に複数の丘疹、パネルa]、彼の背中に低色素斑、および結節性硬化症の臨床診断と彼の腰仙骨領域に皮膚の肥厚プラークを持つ14歳の男性は、眼科評価のために彼の皮膚科医によって紹介されました。 病変は血管線維腫(アデノーマセバセウム),灰葉黄斑,shagreenpatchと診断した。 発作の既往はなく,脳の画像化は正常であった。 彼の視力は両方の目で20/20でした。 眼底鏡検査では両眼の網膜に灰色がかった黄色のドーム状の隆起が認められた。 これらの病変を通るスペクトル領域光コヒーレンス断層撮影(SDOCT)画像は網膜の内層における腫よう様増殖を示唆した。 これらの病変は、星状細胞過誤腫として知られている。 病理学的には、それらは網膜の最も内側の層から生じ、神経線維およびグリア起源の細胞から構成される。 1年後のフォローアップ検査では、病変は外観が一定であり、視力は変化しなかった。

図1:(a)結節性硬化症を示唆する鼻および頬の多発性丘疹。 (b)右眼の色眼底写真のモンタージュは、星状過誤腫として知られる網膜上の灰色がかった黄色のドーム状の隆起(黒い矢印)を示しています
見るにはここをク
図2: 右眼の星状細胞腫によるSDOCT画像網膜内層の腫瘍様増殖を示唆する
ここをクリックして表示するには

結節性硬化症複合体は、皮膚、中枢神経系、心臓、肺、腎臓、および眼を含む複数の臓器に影響を与える過誤腫を特徴とする常染色体優性遺伝を伴う多系 2012年には、ワシントンで開催された第二回国際結節性硬化症複合コンセンサス会議は、最も重要な遺伝子検査の取り込みである、以前の既存の基準を改訂しました(私たちは財政的制約のために私たちのケースでは遺伝子検査を行うことができませんでした)。 結節性硬化症複合体の診断のための主要な基準の一つである網膜星球性過誤腫は、患者の約50%に発生する。 幼児期の間に明白になる両側のある多数の過誤腫は患者の30%に起こります。 大多数の患者では、病変は視覚障害を引き起こさない(私たちの場合と同様)。
患者の同意の宣言
著者は、すべての適切な患者の同意書を取得したことを証明します。 患者(複数可)は、ジャーナルに報告される彼/彼女/彼らの画像およびその他の臨床情報のために彼/彼女/彼らの同意を与えている形で。 患者は、自分の名前とイニシャルが公開されず、身元を隠すために十分な努力が払われることを理解していますが、匿名性は保証されません。
財政支援とスポンサーシップ
Nil.
利益相反
利益相反はありません。

トップ

ポルトカレーロLK、クエンタールKN、サモラーノLP、オリヴェイラZN、リヴィッティ-マチャドMCDM。 結節性硬化症複合体:新しい診断基準に基づくレビュー。 An Bras Dermatol2018;93:323-31. 引用文に戻る. 1
Northrup H、Krueger DA、国際結節性硬化症複合コンセンサスグループ。 結節性硬化症複雑な診断基準の更新:2012年国際結節性硬化症複雑なコンセンサス会議の勧告。 Pediatr Neurol2013;49:243-54. 引用文に戻る. 2
Shields CL,Shields JA. 全身性過誤腫症(”Phakomatoses”)。 で:ネルソンLB,Olitsky SE. 編集者。 ハーレーの小児眼科 5th ed,Phildelphia:Lippincott Williams&Wilkins;2005. 436-47頁 引用文に戻る 3
Zimmer-Galler IE,Robertson DM. 結節性硬化症における網膜病変の長期観察。 Am J Ophthalmol1995;119:318-24. 引用文に戻る. 4

フィギュア

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。