12月 13, 2021

股関節および膝関節全置換術後のアスピリン投与量および静脈血栓塞栓症予防

Oct. 16,2017/整形外科/ニュース&インサイト

シェア

Carlos Higuera-Ruedaによる、MD

全関節置換術(TJA)を受けている患者は、深部静脈血栓症(DVT)および肺塞栓症(PE)を含む静脈血栓塞栓症(VTE)を発症するリスクがある。 歴史的に、予防なしでTJAを経ている患者のDVTの率は35%と85%の間にありました。 時間の経過とともに、外科的アプローチと手術時間は劇的に改善され、硬膜外麻酔と脊髄麻酔が優先的に選択され、空気圧圧縮ポンプも導入され、最も重 ほとんどすべての物理療法の議定書は外科の後で今日同じ日のベッドの活動を推薦する。 これらの周術期修正の導入により、VTEイベントの発生率は臨床的に症候性DVTsおよび致命的なPEsの劇的な減少を受けた。

最近、VTEの発生率は1-2%未満であると報告されている。 このような発生率が低く、マルチモーダル予防実践の標準化により、異なる化学予防モダリティの有効性の違いを区別することは困難になった。

化学予防法がたくさんあるので、アスピリンは適切ですか?

TJAを受けている患者のためのvte化学予防薬の広いと拡大配列があります。 低分子量ヘパリン(LMWH)、ワルファリンまたはより新しい抗凝固の代理店のような有効な代理店は、ずっと受け入れられた練習です。 これらの薬剤に関連する多くのよく知られた課題は、出血および創傷関連感染のリスクおよび投与、滴定および監視の困難など、理想的な化学予防法の探索において精査された。

アスピリンは、心血管疾患および脳血管疾患における動脈血栓塞栓症の予防に有効な薬剤として長い間確立されてきました(低用量81mg)。 TJAに続くVTEの防止のための有効な様相としてアスピリンの役割は何十年もの間医学文献で記述されていました。 アスピリンはよく容認され、安価および定期的な血の監視のための必要性無しで管理し易いです。

最適用量の決定

多くの公開されたガイドライン(American Academy of Orthopaedic Surgeons2009、2011およびAmerican College of Clinical Pharmacy2012)およびその有効性を実証する追加の新たな証拠でアスピリンは、TJAに続いて効果的なVTE予防剤として整形外科界で人気を博した。

残された唯一の質問は最適用量についてであり、我々はこの質問に答えるよう努力した。 325mgの養生法が一日二回有効だったら(現在の推薦された養生法)、より小さい線量(81mgは一日二回)薬力学を与えられて同等に有効で、また複雑化のより少

2012年から2016年の間にtja原発患者の16,000件の医療記録を遡及的にレビューした。 我々は、外科医の好みに応じて四から六週間の手術後に毎日二回腸溶性コーティングされたアスピリンを受けた9,602人の患者を同定した。 合計2,360人の患者に81mg(低用量群)、7,242人の患者に325mgのアスピリン(高用量群)が投与された。 手術後90日以内に収集された合併症は、Vte(DVTおよびPE)、出血(胃腸および創傷出血)および死亡率であった。

THA結果

人工股関節置換術(THA)を施行した患者では、アスピリン群間でVTE、DVT、PE、出血リスクまたは死亡率の統計的有意差は認められなかった(図1、2)。 交絡因子を調整した後、低用量対高用量アスピリンは、VTE、DVT、PE、出血またはTHA後の死亡率のリスク増加と関連していなかった。

図1:人工股関節置換術(THA)後90日以内の静脈血栓塞栓症(VTE)、深部静脈血栓症(DVT)および肺塞栓症(PE)の発生率。

図2:人工股関節全置換術(THA)後90日以内の出血(胃腸および創傷)および死亡率の発生率。

tka結果

人工膝関節置換術(tka)を受けた患者では、vte、PE、出血、手術後の死亡率のグループ間に統計的に有意な差はなかった(図3、4)。 しかし、DVTの発生率は、高用量群と比較して低用量アスピリン群で低かった(それぞれ0.53パーセント対1.41パーセント。 p=0.01)。 興味深いことに、低用量アスピリンは、交絡因子を考慮した後の回帰モデルにおいて、高用量アスピリンと比較してDVTのリスク低下と関連していた(OR=0.38、95%CI、p=0.006)。 さらに、低用量対高用量のアスピリンは、TKA後90日以内にVTEs(p=0.10)、PE(p=0.17)、出血(p=0.79)または死亡率(p=0.78)のリスク増加と関連していなかった。

図3:人工膝関節置換術(TKA)後90日以内の静脈血栓塞栓症(VTE)、深部静脈血栓症(DVT)および肺塞栓症(PE)の発生率。

図4:人工膝関節置換術(TKA)後90日以内の出血(胃腸および創傷)および死亡率の発生率。

この研究からの医師の持ち帰り

全体的に、低用量対高用量アスピリン群におけるTKAs/THAs後のVTE発生率に差はなかった。 両方のアスピリンレジメンは、出血(GIおよび創傷)のリスクおよびTJA後の死亡率の点で同様の結果を示した。

我々は、低用量のアスピリン(81mg一日二回)は、股関節および膝関節置換術後のVTEの予防において、高用量のアスピリン(325mg一日二回)よりも劣っていないと結 我々は現在、低リスク患者における一次関節形成術の手順で四週間ASA81mg PO入札を使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。