12月 20, 2021

鉄腕アトムやドラえもん

などの有名な漫画家の家を訪ねて約70年前、歴史の中で最も有名な漫画家のいくつかを収容する二階建てのアパートの建設が完了しました。 風呂もお湯もない基本的な下宿だったが(住民は近所の浴場を使用していた)、豊島の常盤荘ビルには、ドラえもんを作った藤子不二雄のペンネームのデュオである藤本弘、我孫子元夫とともに、鉄腕アトムの手塚治虫をはじめとする日本の偉大な漫画家が住んでいた。

ときわ荘漫画館
写真: 谷川啓介

引っ越し中に我孫子と藤本に最初に部屋を提供したのは手塚であり、新進の作家やイラストレーターが入居し、経験豊富な住民から学び、新しいテナントに知識を伝えるサイクルを始めた。 小さな部屋と基本的なユーティリティだけで、アーティストが占有していた複合施設の二階はかなり窮屈でした。 それにもかかわらず、彼らは良い精神で自分の部屋と共同キッチンを共有し、期限が近づくにつれてお互いを応援しました。

常盤荘漫画館
写真: 谷川啓介

団地は1982年に取り壊されたが、池袋の西、南長崎の同じ地区にほぼ正確なレプリカがオープンしたばかりである。 古典的な日本の漫画のファンは、彼らのキャリアが離陸していたとして、影響力のあるアーティストの日々の生活を詳しく見ることができます。

ときわ荘漫画館
写真: 谷川啓介

常盤荘マンガミュージアムとして知られる建物は、できるだけ本物のように見えるように細部までこだわって再建されたものだとは思わなかったでしょう。 壁は風化して見え、黄色の雑誌の積み重ねがあり、階段もあなたが取るすべてのステップできしむように設計されていました。

ときわ荘漫画館
写真: 谷川啓介

レトロな昭和時代のテレビを通して作家の畳の部屋を探索し、彼らの作品について学ぶだけでなく、より実践的なアプローチを取り、昭和時代の漫画家の靴に身を置くこともできます。 二階には作家の机で写真を撮ることができる部屋があり、水野秀子やジョージ山口などが漫画を描いていたのと同じ種類のツールを使って自分の傑作を作ることにも挑戦することができる。

谷川啓介
谷川啓介

月曜日以外は毎日午前10時から午後6時まで開館しています。 入場は無料ですが、Covid-19コロナウイルスの拡散を防ぐため、博物館は現在容量を制限しているため、事前にオンラインでチケットを予約する必要があ

常盤荘マンガミュージアムに向かう前に、東京での安全な外出に関するガイドを必ず確認してください。

タイムアウトから最も人気のある

東京のアートアクアリウムは、今年の月に最初の常設博物館をオープンしています

月にNetflixに来る最高の日本映画やシリーズ

チームラボは、今夏に東京にデジタルウォーターフォールを設置しています

渋谷スカイは17日から期間限定で屋上バーをオープンしています

JR東日本、2021年3月まで新幹線の乗車券価格を半額に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。